メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浦安魚市場

ありがとう 65年の歴史に幕 最終日にぎわい /千葉

 浦安市北栄の「浦安魚市場」が3月31日に閉場し、約65年の歴史に幕を閉じた。漁師町だった時代の面影を残し、市民の台所として愛されてきた。最終日には多くの客でにぎわい、別れを惜しんだ。

 浦安魚市場は昭和初期に現在の同市堀江に数店で市を開いたのが始まりとされる。その後、同市猫実の浦安橋近くに移り、1953年に協同組合を結成した。71年に現在の場所に移転し、魚介類やノリ、つくだ煮や精肉などが対面販売され、仕入れ業者や個人の買い物客、観光客など幅広い層でにぎわった。市場が…

この記事は有料記事です。

残り354文字(全文589文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです