メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

つれづれに千葉

初フライト、思いのせ /千葉

 航空機が着陸態勢に入ると、鮮やかな青や緑の海が輝いて見えた。初フライトの3月30日、成田空港を出発し、約2000キロ離れた沖縄県宮古島市の下地島空港に着陸した。地元の人たちが沖縄の踊りのエイサーや三線を披露し歓迎した。

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパンが成田-下地島線に就航した。黒瀬馨機長(48)は1976年から3年間、宮古島に住んでいた。副操縦士と3人の客室乗務員も那覇市や沖縄市生まれ、夫の実家が下地島の隣の伊良部島など沖縄と縁が深い。黒瀬機長は「幼少期の多感なころを過ごした第二の古里に自分の手で帰ってきた。当時、毎日のように飛行機が飛び交う様子を見ていて飛行機乗りを目指すようになった」と感慨を語った。

 私が沖縄に勤務した十数年前、下地島空港はさびれていた。94年に定期便が運休し、訓練の使用も激減して…

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文929文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開
  4. 交番襲撃 包丁刺さったまま身よじらせ 近隣住民「早く捕まって」
  5. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです