メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」祝い、婚姻・出生届に受理票 多可町、来月1日午前中 /兵庫

「令和元年5月1日」の文字が入った婚姻届(右)と出生届の受理票=兵庫県多可町提供

 新元号「令和」が施行される5月1日の午前中に婚姻届や出生届を出した人に、多可町が渡す受理票が1日、出来上がった。普段は婚姻届や出生届は町は受け取るだけで、受理票を出さない。この特別な受理票は「令和」と共に新カップルや新生児を祝うもので、「末永くお幸せに」の意を込めて、町特産品の丈夫な杉原紙で作る。

 5月1日午前9時から正午まで、町役場(…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです