メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アート・歴史

作詞家・松本隆さん 神戸移住7年 僕の歌で育った人がいる /兵庫

作詞家の松本隆さん。「僕は飽きっぽいから、神戸もいつまでいるか分からないよ」といたずらっぽく語る=神戸市中央区で、反橋希美撮影

 「木綿のハンカチーフ」「赤いスイートピー」……。この人が作った歌を口ずさめない人はまずいない。作詞家の松本隆さん(69)。2012年に東京から神戸に居を移して7年、松本さんの名曲をカバーするライブが近く市内で開催される予定だ。なぜ神戸? 市内の老舗ジャズ喫茶店で「言葉の魔術師」の語りに耳を傾けた。【聞き手・反橋希美】

 --ここ「木馬」(中央区北長狭通3)にはよく来られるとか。

この記事は有料記事です。

残り1635文字(全文1825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです