メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」 石川氏・池田氏も提案 古典や漢籍に精通

 新元号選定を巡り、政府が元号の考案を委嘱したのは、中西進・大阪女子大名誉教授(89)=日本文学、石川忠久・元二松学舎大学長(86)=中国文学、池田温(おん)・東京大名誉教授(87)=中国史=らだったとみられる。新元号「令和」の出典が万葉集だったことから、日本古典文学の研究者からは「万葉集と中国古典のつながりという意味で、中西氏をおいて考案者は他にない」との声が出ており、考案者は中西氏の可能性がある。

 中西氏は東京大出身。万葉集研究で知られる久松潜一東京大名誉教授(1976年死去)に学び、70年に「万葉史の研究」などで日本学士院賞を受賞。古事記や日本書紀、源氏物語などの日本古典だけでなく、漢籍にも精通しており、2013年に文化勲章を受章した。

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文746文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです