メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

新元号「令和」 和漢3案ずつ提示 日本由来こだわり

有識者による「元号に関する懇談会」に臨む山中伸弥京都大教授(左列手前)ら=首相官邸で2019年4月1日、川田雅浩撮影

 国書を出典とする初の元号「令和」が、1日に新元号に選ばれた背景には、政府が「日本由来」の元号を推す姿勢を隠さなかったことも影響していそうだ。政府が有識者らに示した六つの元号案のうち3案が和風の元号で、これまでの漢籍を典拠としてきた元号選考の手法は大幅に変わった。

 「出典はこれまで漢籍に絞られていましたが、今回は広く国書からの出典も入れました」

 午前9時32分から首相官邸4階の特別応接室で開かれた「元号に関する懇談会」で、菅義偉官房長官はこう…

この記事は有料記事です。

残り3122文字(全文3345文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  5. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです