メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

市場開放を強調、証券の過半出資許可 対米通商協議へ

 【北京・赤間清広】貿易戦争収束に向けた米国との通商協議が大詰めを迎える中、中国政府が改革姿勢のアピールに躍起になっている。3日にはワシントンで閣僚級交渉を再開する予定になっており、トランプ米政権に歩み寄りを促す狙いがあるとみられる。

 中国証券監督管理委員会は3月29日、米証券大手JPモルガン・チェースと、日本の野村ホールディングスがそれぞれ申請していた合弁証券会社の設立を許可したと発表した。

 中国では従来、外資企業の証券会社への過半出資が認められていなかったが、昨年、出資上限が49%から5…

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文736文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです