特別展

天皇、皇后両陛下の特別展「国民とともに歩まれた平成の30年」 両陛下の足跡たどる ゆかりの品々展示 あす開幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
天皇陛下と古い教科書を見ながら話される皇后さま=皇居で2016年9月(宮内庁提供)
天皇陛下と古い教科書を見ながら話される皇后さま=皇居で2016年9月(宮内庁提供)

 新しい皇室像を行動で示し、国民との深い信頼を築かれた天皇、皇后両陛下の特別展「国民とともに歩まれた平成の30年」が3日、「第50回現代女流書100人展」(いずれも毎日新聞社主催)とともに東京都中央区の日本橋高島屋で開幕する。ご結婚から60年を共にされ、天皇、皇后として30年を歩まれた両陛下。お二人の足跡をたどる平成最後の特別展に、日本を代表する女性書家の「書の競演」が花を添える。

 「象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」。85歳の誕生日にあたっての記者会見で天皇陛下は、平成の30年の来し方に触れた後、国民への感謝の気持ちを語られた。

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文2049文字)

あわせて読みたい

ニュース特集