メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教えて!池上さん

旬なトピック 英国のEU離脱なぜ混乱? 北アイルランド問題 貿易・往来の自由失い独立運動再燃の恐れ

イラスト・藤井龍二

 <くらしナビ 学ぶ>

 イギリスが欧(おう)州(しゅう)連合(EU)から離脱することが決まっているはずなのに、意見がまとまらずに混乱しています。その理由は、イギリスからの独立運動が続いたことのある北アイルランド問題が背景にあります。

 ヨーロッパの国々が自由な貿易をして、人々も自由に行き来できる。いずれは巨(きょ)大(だい)なひとつの国にしたい。そうすればヨーロッパから戦争をなくすことができる。これがEUの理想です。イギリスもEUに入っていました。

 ところが、人の行き来が自由になって、東ヨーロッパの経済的に貧しい国の人たちが、イギリスに移り住んで働くようになりました。これを「移民」といいます。この人たちは、安い給料でも喜んで働くので、イギリス国民の仕事が奪(うば)われたり、収入が減ったりして反感を持つ人が出てきました。その結果、2016年の国民投票で、イギリスがEUから離脱する、つまり出ていくことが決まりました。ところが、イギリスがEUから…

この記事は有料記事です。

残り980文字(全文1405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 周庭氏を逮捕 民主活動家 国安法違反容疑で香港警察

  4. 家族で登山の小6男児が行方不明 新潟・上越で下山途中

  5. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです