メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

化繊リサイクルへ機運

日本環境設計は衣料品メーカーなどと協力し、「BRING」という古着の回収事業に取り組んでいる=千葉市のイオンモール幕張新都心で2017年(同社提供)

 世界の繊維生産量は年間約9500万トンで、そのうち約65%がポリエステルなどのプラスチック繊維だ。売れ残りや余剰在庫に加え、生産過程でも大量の衣料が廃棄されているファッション業界。プラスチックによる環境汚染が深刻化する中、欧米企業を中心にプラスチック原料の見直しやリサイクルへの機運が高まっている。

 ●再生・天然へシフト

 プラスチック原料の見直しに一石を投じたのは、スウェーデンのファストファッションブランド、H&M。2…

この記事は有料記事です。

残り1896文字(全文2107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです