メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

化繊リサイクルへ機運

日本環境設計は衣料品メーカーなどと協力し、「BRING」という古着の回収事業に取り組んでいる=千葉市のイオンモール幕張新都心で2017年(同社提供)

 世界の繊維生産量は年間約9500万トンで、そのうち約65%がポリエステルなどのプラスチック繊維だ。売れ残りや余剰在庫に加え、生産過程でも大量の衣料が廃棄されているファッション業界。プラスチックによる環境汚染が深刻化する中、欧米企業を中心にプラスチック原料の見直しやリサイクルへの機運が高まっている。

 ●再生・天然へシフト

 プラスチック原料の見直しに一石を投じたのは、スウェーデンのファストファッションブランド、H&M。2…

この記事は有料記事です。

残り1896文字(全文2107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. 元パラ選手マリーケ・フェルフールトさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです