メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラスチック危機

化繊リサイクルへ機運

日本環境設計は衣料品メーカーなどと協力し、「BRING」という古着の回収事業に取り組んでいる=千葉市のイオンモール幕張新都心で2017年(同社提供)

 世界の繊維生産量は年間約9500万トンで、そのうち約65%がポリエステルなどのプラスチック繊維だ。売れ残りや余剰在庫に加え、生産過程でも大量の衣料が廃棄されているファッション業界。プラスチックによる環境汚染が深刻化する中、欧米企業を中心にプラスチック原料の見直しやリサイクルへの機運が高まっている。

 ●再生・天然へシフト

 プラスチック原料の見直しに一石を投じたのは、スウェーデンのファストファッションブランド、H&M。2017年、全製品の原料を30年までに再生素材と天然素材に切り替えると表明した。世界に4400店以上を展開する業界2位の動向は波紋を広げ、複数のグローバル企業が相次いで同様の方針を打ち出した。

この記事は有料記事です。

残り1801文字(全文2107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです