メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シナイ半島への自衛官2人派遣 実施計画を閣議決定

衆院安全保障委員会で米軍普天間飛行場の沖縄県名護市辺野古への県内移設問題について答弁のため事務方と話す岩屋毅防衛相(右)=国会内で2019年4月2日、川田雅浩撮影

 政府は2日の閣議で、エジプト・シナイ半島でイスラエル、エジプト両軍の停戦を監視する「多国籍軍・監視団(MFO)」の司令部要員として自衛官2人を派遣する実施計画を決定した。派遣期間は19日から11月末までの約7カ月半。2016年施行の安全保障関連法で認められた新任務「国際連携平和安全活動」の初の事例となる。

 MFOは、両国の平和条約などに基づき1982年に設立。現在は米英両国など12カ国から約1200人が…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文583文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです