メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者が行く! ワーケーション日記

野生のキツネ、3日連続イクラ丼…「出勤」1分も集中時間の確保に課題

北海道・知床の道端でキタキツネに遭遇。人をこわがらずじっとこちらを見ていた=北海道斜里町で2019年3月26日午前11時、今村茜撮影

 娘2人の春休みに合わせて、北海道・知床で子連れワーケーション中の記者。3月26~28日は仕事に集中する時間を確保することの難しさを痛感しながらも、なんとか乗り越えた。【今村茜】

3月26日(火)テレワーク2日目 道でキツネに遭遇、米国のニュースについて知床で取材

 午前中は、地方への移住や地域活性化をサポートする「地域おこし協力隊」の山本珠代さんが、斜里町を案内してくれることに。娘たちは午後から児童館へ行くことになった。午前中に仕事ができない分、午前5時に起き、娘たちが目覚めるまで原稿を書く。

 朝ご飯は、漁師の赤木秀樹さんがお裾分けしてくれたイクラ。炊きたての北海道産のブランド米・ゆめぴりか…

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文1897文字)

今村茜

1982年生まれ、鹿児島県出身。高校時代を米国で過ごし、2006年筑波大学卒業、毎日新聞社入社。福島支局や世論調査室を経て、17年から経済部でIT系や流通・商社などの民間企業を担当。19年5月から現職。主な関心はビジネス、働き方、テクノロジー&データ、子育て。2児の母です。日々テレワークのノマドワーカー。子連れワーケーション推進中。和菓子と着物好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです