メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア内戦9年目に突入、死者37万人 IS一掃、アサド政権優位固める

過激派組織「イスラム国」(IS)の最後の拠点だったシリア東部のバグズ村。激しい戦闘の爪痕が残る=3月23日、ロイター

 【カイロ篠田航一】シリアで2011年3月から本格化した内戦は、9年目に突入した。ロシアやイランの支援を受けるアサド政権が既に優位を固め、反体制派勢力の拠点は北西部イドリブ県のみとなっている。内戦の混乱に乗じて14年から勢力を拡大した過激派組織「イスラム国」(IS)も3月23日、最後の拠点だった東部バグズ村を失い、一掃された。大規模戦闘はほぼ沈静化したが、在英民間組織・シリア人権観測所は内戦の死者は37万人に上ると推測。国外に脱出した避難民約568万人の帰還も進んではいない。

 「わが国を助けてくれたイラン指導部や国民に感謝する」。アサド大統領は2月、内戦後初めてイランを訪れ…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1199文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 人生は夕方から楽しくなる 政治ジャーナリスト・田崎史郎さん 「地獄」見たからこそ、分かることがある

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです