メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「reiwaはチベット語の希望のrewaに」新元号に在日チベット人も歓迎

 「チベット語のrewa(希望)に通じますね」。新しい元号「令和」に、日本在住のチベット人からも喜びの声が上がっている。ダライ・ラマ法王日本代表部事務所(東京都新宿区)のルントック代表(58)は「新元号発表後、『音が同じ』と何本も電話がありました。チベット語は母音に長短がなくRを重く発声しますが、日本人にはとても似て聞こえるようです」。

 埼玉県に住む20代のチベット人男性は、令和をローマ字入力して「レワと似ている」と思った。うれしくなり「令和はいいですね! チベット語発音は『希望』という意味です」と1日正午過ぎにツイート。12時間で4万6500回以上リツイート(転載)され、「偶然でもすごい」「二重に素敵(すてき)」などと多数の返信があった。「チベット語でもいい意味に聞こえますよ、と伝えたかった。反応が大きくて、伝わってうれしい」

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文671文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです