メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

造幣局「令和元年」硬貨の製造開始 流通は夏以降

新しい元号「令和」と書かれた色紙を掲げる菅義偉官房長官=首相官邸で2019年4月1日午前11時42分、梅村直承撮影

 独立行政法人造幣局(大阪市)は、令和元年の硬貨の製造作業に入った。金型の製作に2~3カ月かかるため、新元号の硬貨が市中に出回り始めるのは夏以降になる見込み。

 造幣局は、6種類の硬貨のうち発行枚数の多い500円と100円から順次、金型製作を始める。6種類の硬貨が出そろうのは10月ごろになる見通し。金…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです