メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

造幣局「令和元年」硬貨の製造開始 流通は夏以降

新しい元号「令和」と書かれた色紙を掲げる菅義偉官房長官=首相官邸で2019年4月1日午前11時42分、梅村直承撮影

 独立行政法人造幣局(大阪市)は、令和元年の硬貨の製造作業に入った。金型の製作に2~3カ月かかるため、新元号の硬貨が市中に出回り始めるのは夏以降になる見込み。

 造幣局は、6種類の硬貨のうち発行枚数の多い500円と100円から順次、金型製作を始める。6種類の硬貨が出そろうのは10月ごろになる見通し。金…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです