日本棋院新理事長に小林覚九段 約7年ぶりに棋士のトップ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本棋院の新理事長に決まり、記者会見する小林覚九段=東京都千代田区の日本棋院で2019年4月2日午後5時37分、丸山博撮影
日本棋院の新理事長に決まり、記者会見する小林覚九段=東京都千代田区の日本棋院で2019年4月2日午後5時37分、丸山博撮影

 日本棋院は2日、団宏明前理事長(71)の辞任を受けて臨時理事会を開き、後任に副理事長の小林覚九段(59)を全会一致で選任した。2012年に大竹英雄名誉碁聖(76)が退任後は2代連続で外部から理事長を迎えており、約7年ぶりに棋士がトップの座に就く。任期は前理事長の残任期間に当たる来年6月まで。

 小林理事長は記者会見で「囲碁ファンを増…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文276文字)

あわせて読みたい

注目の特集