メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近畿マンション協会 寄付2000万円収支報告せず、会長給与も NPO法人法違反の疑い

寄付金2000万円の流れ

 マンション管理をサポートするNPO法人「近畿マンション管理者協会」(大阪市)が、マンション修繕業者から提供された約2000万円を、寄付金として大阪市に収支報告していないことが、協会などへの取材で分かった。特定非営利活動促進法(NPO法)は、寄付金も含めた収支状況の報告を義務付けている。寄付金の未計上は同法違反になり、協会は近く訂正する方針。

 この資金が、協会の増永久仁郎会長に渡っていたことも判明。関係者によると、協会から会長に支払う給与として経理処理する必要があったとして、大阪国税局が源泉所得税約500万円を追徴課税した。協会は指摘に応じ、既に納付したという。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 安倍政権が残したもの 自制失った政治家、露骨に表現に介入 「菅政権では改善しない」津田大介さん

  4. ORICON NEWS 欅坂46“ラストライブ”は無観客配信で 2日間別メニュー“静”と“動”の両面を存分に

  5. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです