近畿マンション協会 寄付2000万円収支報告せず、会長給与も NPO法人法違反の疑い

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
寄付金2000万円の流れ
寄付金2000万円の流れ

 マンション管理をサポートするNPO法人「近畿マンション管理者協会」(大阪市)が、マンション修繕業者から提供された約2000万円を、寄付金として大阪市に収支報告していないことが、協会などへの取材で分かった。特定非営利活動促進法(NPO法)は、寄付金も含めた収支状況の報告を義務付けている。寄付金の未計上は同法違反になり、協会は近く訂正する方針。

 この資金が、協会の増永久仁郎会長に渡っていたことも判明。関係者によると、協会から会長に支払う給与として経理処理する必要があったとして、大阪国税局が源泉所得税約500万円を追徴課税した。協会は指摘に応じ、既に納付したという。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1506文字)

あわせて読みたい

ニュース特集