特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Together

「美しい体操」追求する冨田洋之コーチの指導術

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アテネ五輪体操男子団体総合金メダリストの冨田洋之さん=東京都墨田区で2019年2月28日、和田大典撮影
アテネ五輪体操男子団体総合金メダリストの冨田洋之さん=東京都墨田区で2019年2月28日、和田大典撮影

 2004年アテネ五輪の体操男子団体総合決勝。最終種目の鉄棒で、日本の最終演技者だった冨田洋之さん(38)は完璧な着地を決めた。その姿は、「栄光への架け橋」の名実況とともに多くの人の記憶に刻まれている。現役引退から10年が過ぎた今も、日本選手の追い求める「美しい体操」の象徴である。

 日本代表のエースとして活躍した冨田さんは手足の指先まで神経の行き届いた、しなやかで美しい演技で観客を魅了し続けた。08年12月に現役を引退。現在は母校・順大でコーチを務め、昨年の世界選手権代表の萱和磨(かや・かずま)、谷川航(わたる)=ともに4月からセントラルスポーツ所属=らを指導した。特に萱は小学2年の時、アテネ五輪での冨田さんの演技をテレビで見たことがきっかけで体操を始めたという。

 数々の栄冠とともに体操界に大きな功績を残したが、「今、自分の『分身』がいたとしても戦えない」と語るほど、体操界は採点の規則や傾向が著しく変化している。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1199文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集