メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『これでいいのだ…さよならなのだ』『佐野洋子の動物ものがたり』

これでいいのだ、これでいいのか? 嘘のない言葉がココロに沁みる

◆『赤塚不二夫・杉田淳子/著(小学館/税別1300円)

◆『佐野洋子の動物ものがたり』佐野洋子・著、広瀬弦/絵(小学館/税別1500円)

 今年の元旦は、ふと思い立って書き初めをしてみた。墨汁がなかったので、墨をすった。人力で墨汁を大量につくるのはなかなか大変だった。書いた文句は「自画自賛」。貴重な墨汁を無駄にしないよう、気合を入れて何枚か書き、その中で上出来のものを洗面所の壁に貼った。夜、風呂から上がって、一日の最後にその書を見るのはなかなかいい。どんな一日でも、最後に自分を讃(たた)えるということを思い出させてくれるからだ。

 そんな自画自賛の元祖といえばバカボンのパパ。『これでいいのだ…さよならなのだ』(赤塚不二夫・杉田淳…

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1486文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県北東部で震度5弱 津波の心配なし
  2. 朝乃山が初優勝、三役未経験では58年ぶり 栃ノ心は大関復帰
  3. 「不明管」で高額の水道料金、兵庫の男性が提訴 各地に存在か
  4. 「お前は横綱になれる」 朝乃山、死の病床から励ましくれた恩師にささげる初優勝
  5. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです