SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『心霊電流』『美と破壊の女優 京マチ子』ほか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

今週の新刊

◆『心霊電流』スティーヴン・キング/著(文藝春秋/上下各税別1800円)

 これぞスティーヴン・キングだ。上下巻の『心霊電流』(峯村利哉訳)は、圧倒的筆力で読者の尻を叩(たた)く。6歳の「僕」モートンの住む町に、若き牧師ジェイコブスがやって来た。彼は電気を自在に操り、神秘的体験を現出させる。

 しかし、災厄で妻子を失い、彼は町から姿を消した。「僕」はギター少年からプロになり、30代半ばにしてヤク漬けで破滅寸前。そこへ電気仕掛けの魔術師となったジェイコブス師が現れ、電気治療により主人公を救った。再びの別れと三たびの出会いは後編に。

 富豪のスタジオで働き始めた「僕」は薬物中毒から抜け出し、初老を迎える頃、高電圧で奇跡を起こす「ダニー牧師」を知る。それこそ、電気で神の門戸を開いたあのジェイコブスだった。足なえを治す癒やしの「電撃」は、神の魔術なのか、インチキなのか。

この記事は有料記事です。

残り1393文字(全文1781文字)

あわせて読みたい

注目の特集