メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

岡崎 武志・評『心霊電流』『美と破壊の女優 京マチ子』ほか

今週の新刊

◆『心霊電流』スティーヴン・キング/著(文藝春秋/上下各税別1800円)

 これぞスティーヴン・キングだ。上下巻の『心霊電流』(峯村利哉訳)は、圧倒的筆力で読者の尻を叩(たた)く。6歳の「僕」モートンの住む町に、若き牧師ジェイコブスがやって来た。彼は電気を自在に操り、神秘的体験を現出させる。

 しかし、災厄で妻子を失い、彼は町から姿を消した。「僕」はギター少年からプロになり、30代半ばにしてヤク漬けで破滅寸前。そこへ電気仕掛けの魔術師となったジェイコブス師が現れ、電気治療により主人公を救った。再びの別れと三たびの出会いは後編に。

 富豪のスタジオで働き始めた「僕」は薬物中毒から抜け出し、初老を迎える頃、高電圧で奇跡を起こす「ダニ…

この記事は有料記事です。

残り1461文字(全文1781文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. 交通事故 ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです