メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『海を撃つ』安東量子・著

◆『海を撃つ 福島・広島・ベラルーシにて』安東量子・著(みすず書房/税別2700円) 飲み込みやすいが、柔らかすぎず、決して甘くはない。

 これまでに読んだ、東日本大震災を題材にした本の中では、いちばんしっくりきた。むやみに鼓舞されることもなく、静けさを感じる。

 安東量子さんは、福島はいわき市の最南端に、十数年前から住んでいる。福島で生まれ育ってはおらず、とはいえ、震災が起こった後、使命感を持ってやってきたわけでもない。でも、たしかにそのとき、そこにいた。

 2011年の春、安東さんは自宅の窓から外を眺めながら、この土地にとってのライフラインである国道6号線の風景を思い出す。「風光明媚(めいび)な景勝地があるわけでもない。退屈な道だ」「私にとっては、この退屈さが浜通りを象徴していた。そこになにがあるのか、と尋ねられれば、暮らしがある、としか答えようがない」

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです