メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『海を撃つ』安東量子・著

静かに見つめる あの日からの8年間

◆『海を撃つ 福島・広島・ベラルーシにて』安東量子・著(みすず書房/税別2700円) 飲み込みやすいが、柔らかすぎず、決して甘くはない。

 これまでに読んだ、東日本大震災を題材にした本の中では、いちばんしっくりきた。むやみに鼓舞されることもなく、静けさを感じる。

 安東量子さんは、福島はいわき市の最南端に、十数年前から住んでいる。福島で生まれ育ってはおらず、とはいえ、震災が起こった後、使命感を持ってやってきたわけでもない。でも、たしかにそのとき、そこにいた。

 2011年の春、安東さんは自宅の窓から外を眺めながら、この土地にとってのライフラインである国道6号…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文912文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道
  5. 「議員ウォッチ」から見える国会議員の実態 運営者「非常に貧弱」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです