メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

池内 紀・評『奥本大三郎随想集 織田作之助と蛍』奥本大三郎・著

小うるさく小難しいのを脇に置き 等身大の著者の姿を刻みつけた

◆『奥本大三郎随想集 織田作之助と蛍』奥本大三郎・著(教育評論社/税別1800円)

 タイトルにそえて小さく「奥本大三郎随想集」とある。随想とは懐かしい言葉だ。ちかごろは随筆、エッセイに席をゆずって、あまり使われないのではなかろうか。

 ここでは、いかにも似合っている。想に随(したが)ってしるされた。想のまにまに生まれては消えた。だから1「作家論」、2「鶏肋集」とに二分され。―それにしても「鶏肋」とは、これまたとても懐かしい。意味の怪しい方は辞書を引いてください。「ケイロク」と訓(よ)みます。精肉店の店先で、買おうか買うまいか思案する状態とかさなります―。

 奥本大三郎の随想がたのしいのは、どのエッセイにも等身大の著者の姿が刻みつけられているからである。そ…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1522文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです