連載

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

バッハとイタリア・オペラをテーマに、執筆、講演、音楽ツアーの企画など多彩に活動する加藤浩子さんのコラム。クラシックナビ連載。

連載一覧

加藤浩子の「街歩き、オペラ歩き」

街に根づいて愛される「芸術都市」のオペラ御殿~バルセロナ、リセウ大劇場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
リセウ大劇場
リセウ大劇場

 芸術都市。

 バルセロナは、そう呼びたくなる街だ。

 もちろん、美術館から歴史的建築物まで「芸術」にあふれている街はたくさんある。けれどバルセロナでは、芸術作品が街と共存し、「生きている」印象を受ける。設計者のガウディが亡くなってなお建築中のサグラダ・ファミリア(聖家族)教会、バルセロナ出身のモンタネール(カタルーニャ語でムンタネー)が設計し、世界遺産に指定されているコンサートホールのカタルーニャ音楽堂、ガウディが設計したワンダーランドのようなグエル公園や集合住宅、ショッピングストリートに軒を並べるモダニスム建築……バルセロナでは、芸術が日常生活と溶け合っている。

 この地で産業革命が起きた19世紀半ば以降、バルセロナは経済的にも文化的にもイベリア半島をリードした。モンタネールやミロやモンポウはバルセロナで生まれ、ピカソやグラナドスはバルセロナで学んでいる。

この記事は有料記事です。

残り3226文字(全文3610文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集