メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

メッシは素晴らしいが「神ではない」、ローマ法王が区別呼びかけ

 4月1日、サッカーのスペイン1部、バルセロナのファンにとっては、同チームに所属するリオネル・メッシ選手(写真)は神のような存在かもしれないが、ローマ法王フランシスコは区別を求めている。写真はセビリアで3月撮影(2019年 ロイター/Marcelo del Pozo)

[PR]

 [バルセロナ 1日 ロイター] - サッカーのスペイン1部、バルセロナのファンにとっては、同チームに所属するリオネル・メッシ選手は神のような存在かもしれないが、ローマ法王フランシスコは区別を求めている。

     メッシ選手は、ユニフォームの背番号10にちなんで、スペイン語で神を意味する言葉と同じ発音の「ディオス(D10S)」というニックネームを持つ。

     スペインのテレビ局La Sextaとのインタビューで法王は、同じアルゼンチン出身のメッシ選手を称賛しながらも、神と呼ばれてはならないと指摘した。

     法王は、「理論的には冒涜(ぼうとく)行為となる。やってはいけないことだ。人々は『あこがれている』と言うように(メッシ選手を)神と呼ぶのかもしれないが、崇拝対象となるのは神のみだ」と説明。「素晴らしい選手だが、神ではない」と述べた。

     法王はサッカーファンとして知られ、ブエノスアイレスのチーム、サン・ロレンソのソシオのクラブ・メンバーでもある。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

    3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

    4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

    5. 河井案里氏1.5億円にざわつく自民 下村氏「総裁か幹事長の判断」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです