メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

ディープインパクト 種付け中止…首に痛み「大事を取る」(スポニチ)

 12~18年まで7年連続でリーディングサイアーを獲得しているディープインパクト(牡17)が首の痛みのため、今年の残りシーズンの種付けを取りやめることが1日、分かった。

 2月のシーズンスタートから順調に種付けをこなしていたが、3月に入って中止。けい養している社台スタリオンステーションの事務局は「日々の運動はしていますが(種付けの)立ち上がる動作の時に痛みがあります。無理して大きな事故になってもいけないので、大事を取ることにしました」とコメント。その上で「命に関わることではありません」と重篤な症状ではないことを強調した。来年誕生する産駒は20頭前後になる見通し。今後は来年の種付けシーズンに向けて体調の回復に努める。

 ディープインパクトは現役時代に14戦12勝。05年に牡馬3冠を制するなどG1を7勝。07年に種牡馬入りし、ジェンティルドンナやサトノダイヤモンド、エイシンヒカリなど多くの活躍馬を輩出している。(スポニチ)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 幼稚園児の娘の絵を完全再現…“究極のキャラ弁”披露する芸人父「弁当作りで成長見える」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?
  5. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです