メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

巡りくる桜の季節=片山由美子

片山由美子さん

まだ固き教科書めくる桜かな 黒澤麻生子

さまざまの事おもひ出す桜かな 芭蕉

 地球温暖化が、動植物の生態系に影響をおよぼしていることが指摘されて久しい。

 この季節に実感するのは、桜の開花が確実に早まったことである。東京近辺では、かつてはソメイヨシノが満開になるのは四月になってからだった。桜といえば、入学式の背景の花として記憶に刻まれている。それが今や、三月末の卒業式のころに咲き始めることも珍しくなくなった。

 会社では、新入社員の最初の仕事が花見の場所取りなどという話もあったくらいで、あきらかに桜は四月の花…

この記事は有料記事です。

残り1012文字(全文1265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北京で日本人拘束、官房長官認める

  2. ひこにゃんも天皇陛下の即位祝う 日の丸を手に登場

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです