メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ザッピング

消えつつある「2時間ドラマ」

 「2時間ドラマ」が表舞台から消えつつある。レギュラーの番組枠は4月番組改編でついに0に。今後も随時制作されるが、新作の本数が減るのは間違いない。

 2時間ドラマのルーツは1977年に始まったテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」。80~90年代の全盛期には各局で計週八つのレギュラー枠があった。ラストシーンの謎解きが崖の上で進むのは2時間ドラマが生んだ“文化”だ。船越英一郎、片平なぎ…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  3. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです