メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知2空港施設

にぎわい明暗 名古屋空港、MRJ観覧延期 中部空港、操縦席体験人気

 愛知県内2空港の関連施設の集客が明暗分かれている。中部空港(常滑市)の商業施設は旅客機を展示して人気を呼ぶ。一方、県営名古屋空港(豊山町)内の博物館は国産初のジェット旅客機のテスト飛行が観覧できると見込んだものの開発遅れで実現していない。

 中部空港の複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」は2018年10月に開業した。内部に米ボーイング787初号機が構える。来場者は1月17日に50万人となり、年間目標の150万人達成へ順調な滑り出し。787の操縦席を再現したシミュレーターも予約が相次ぐ。米シアトルの街並み…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小田急線が脱線 踏切で乗用車と衝突 本厚木-伊勢原間で上下運転見合わせ
  2. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  3. 地震で中断の「定時で帰ります」 25日放送 吉高さん被災地にエール
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 東電柏崎刈羽原発、18日夜の地震で「異常あり」と誤送信 柏崎市長が激怒

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです