メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナスカの地上絵

観測塔寄贈 新座の田島さん活動報告 /埼玉

 砂漠地帯に描かれた幾何学模様や動植物具象図形の巨大地上絵で知られる南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」の保護活動を続ける新座市の田島陽志さん(38)が、同市役所を訪れ、活動状況を並木傑市長に報告した。並木市長は「田島さんの活動をいろいろな面でバックアップしていきたい」と激励した。

 田島さんは、異常気象などで破壊が進んでいる「ナスカの地上絵」を保護し…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「自宅籠城を」 小倉城が緊急事態宣言仕様の「御城印」をネット限定販売

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 あおり運転の「ガラケー女」に誤認、今も続く中傷 それでも「裁判通し誰かの役に立ちたい」

  4. バスマットから考えるアスベスト問題 輸入された石綿、いまだに販売 発症は数十年後 誰もが被害者になる恐れ

  5. 救急搬送の辞退も 介護施設内でコロナ患者9人が最期 埼玉・戸田

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです