メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校自慢

鴨川市立長狭学園 丸10年、新たな課題も /千葉

 県内初の公立小中一貫校として発足したのは2009年4月。丸10年が経過し、今春、9年間にわたり一貫校で学んだ2期目の生徒が巣立っていった。

 鴨川市教育長を務めた長谷川孝夫前市長の尽力で一貫校の「実験」は始まった。3月まで校長だった渡辺弘仁さん(53)=現市教委=は当時、市教委の指導主事として、一貫校設置に向けた実務を取り仕切っていた。

 市内陸部の長狭地区にあり、いずれも児童減少に苦しんでいた主基、吉尾、大山の3小学校の統合に長狭中学…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文689文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  4. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです