メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ~ぐ

東京彩人記 児相の体制拡充に尽力 児童虐待に取り組む弁護士 磯谷文明さん(51) /東京

 親の虐待による幼い命の犠牲が後を絶たない。弁護士になって以来、ずっと児童虐待に取り組んできた弁護士の磯谷文明さん(51)は、対応の核となる児童相談所(児相)に長年協力し、都内の全児相の体制拡充に尽力してきた。民法の親権制度や特別養子縁組制度などを見直す国の有識者会議で、子の福祉の観点から発信も続けてきた。経緯と虐待対応のあり方について聞いた。【野倉恵】

 --児童虐待に長年取り組んできたきっかけは。

この記事は有料記事です。

残り1346文字(全文1547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 群馬・太田市が小学校の休校要請応じず 「登校判断は保護者の選択」

  3. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  4. トイレットペーパーに続きティッシュまで買い占め 業界、デマに冷静な対応呼びかけ

  5. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです