メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実習生の素顔

~インドネシア出身のアグスさん/上 農業の技術習得へ 憧れの国、桜に感動 /滋賀

日本語能力試験合格に向け、勉強に励むアグスさん=滋賀県草津市の多文化共生支援センターで、大澤重人撮影

 <共生を考える 第14部>

 「豚」。簡単な漢字ではないが、よく知っている。インドネシア出身で、イスラム教徒のアグス・スプリヤントさん(30)=守山市=は、豚を食べることが禁じられているからだ。例えば、カレーのルー。「豚の字がないか、商品をよく見る」。そう聞いた私は、日本語教室の受講後に一緒に食べようと用意したハムサンドを引っ込めた。

 技能実習生として、2016年夏から國枝バラ園(守山市)で働く。1年目に試験にパスし、期間が2年延長…

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  2. 科学の森 新分子で「魔女の雑草」撲滅を アフリカ食糧問題に光明

  3. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  4. 米グーグルに逮捕歴の削除命じる 札幌地裁、不起訴の男性が求める

  5. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです