河鍋暁斎作品展

神戸で展示作業 6日開幕 /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドイツから「里帰り」し、会場に展示された掛け軸=神戸市中央区の県立美術館で、木田智佳子撮影
ドイツから「里帰り」し、会場に展示された掛け軸=神戸市中央区の県立美術館で、木田智佳子撮影

 県立美術館(神戸市中央区)で6日に開幕する「没後130年 河鍋暁斎(きょうさい)-鬼才!Kyosai!-」を前に2日、ドイツから「里帰り」した作品が展示された。

 河鍋暁斎は幕末から明治前半にかけて活躍した絵師。伝統的な花鳥画や戯画など画業は幅広く、交流のあった外国人らを通じて生前から海外でも高く評…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文368文字)

あわせて読みたい

ニュース特集