メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タカ

飛来に歓声 金剛山ふもと、4月初旬がピーク /奈良

双眼鏡などを手に金剛山の南を渡るタカを観察する愛鳥家ら=奈良県五條市北山町の「5万人の森公園」で、萱原健一撮影

 県西部の金剛山(1125メートル)の南のふもと上空を、渡りをするタカの仲間が東南アジアから渡来する季節がやってきた。3月29日、五條市北山町の「5万人の森公園」では愛鳥家らが双眼鏡越しに上空を凝視し、タカの飛来に「来た、来た」と歓声を上げていた。例年より1週間ほど飛来が早く、ピークは4月初旬とみられる。

 観察できるタカは90%以上がサシバで、春に東南アジアから飛来し、秋になると再び東南アジアへ渡ってい…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  3. 大阪府が国未公表の情報を独自公表 感染者移動経路や滞在市町村名

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです