メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タカ

飛来に歓声 金剛山ふもと、4月初旬がピーク /奈良

双眼鏡などを手に金剛山の南を渡るタカを観察する愛鳥家ら=奈良県五條市北山町の「5万人の森公園」で、萱原健一撮影

 県西部の金剛山(1125メートル)の南のふもと上空を、渡りをするタカの仲間が東南アジアから渡来する季節がやってきた。3月29日、五條市北山町の「5万人の森公園」では愛鳥家らが双眼鏡越しに上空を凝視し、タカの飛来に「来た、来た」と歓声を上げていた。例年より1週間ほど飛来が早く、ピークは4月初旬とみられる。

 観察できるタカは90%以上がサシバで、春に東南アジアから飛来し、秋になると再び東南アジアへ渡ってい…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文468文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです