メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
山陰・この人

大田市・大代ゆずっこくらぶ事務局長 佐藤哲朗さん(71) 町の活気取り戻したい /島根

大代ゆずっこくらぶ事務局長の佐藤哲朗さん=島根県大田市大代町、柴崎達矢撮影

佐藤哲朗(さとう・てつろう)さん(71)

 大田市の南西部に位置し、かつては山陰道が通って栄えた大代町。そこで柚子胡椒(ゆずこしょう)などを通して地域づくりを図っている。

 きっかけは、地域で運営していた大代幼稚園の経費をどう確保するかの相談を保護者たちから受けたこと。地域の人が試作し好評を博したことのある柚子胡椒の製造販売をアドバイスした。保護者の会やボランティアらが2012年に始めたものの、少子化によって幼稚園は廃園になってしまった。

 「柚子胡椒は売れており、市内で有名になりつつあった。やめたらもったいない」と、中高年に若者も加わっ…

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文809文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです