メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土砂災害警戒区域

県内、全国最多4万7428カ所 確実な避難行動へ、アプリ開発 /広島

「防災マップ」の画面イメージ=広島県提供

 県は、土砂災害のリスクを示す「土砂災害警戒区域」の基礎調査を終了したと発表した。県内の警戒区域は全国最多の4万7428カ所に上った。また、警戒区域指定を確実な避難行動につなげるため、IT大手「ヤフー」と連携したスマートフォン向けアプリ「防災マップ」を共同開発、6月末の運用開始を目指す。【東久保逸夫】

 警戒区域は土砂災害防止法に基づき、崖崩れや土石流、地滑りの危険が高いエリアを県が指定する。広島土砂…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 封鎖の私道バリケード撤去命じる仮処分 長崎地裁、管理会社に

  4. 岐阜・民家襲撃事件、岐阜県警が男3人を逮捕 強盗致傷・住居侵入容疑

  5. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです