メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

新元号 紙開けば両端に国書 事務方説明、にじむ「令和」推し

 新元号案として政府が1日の有識者懇談会に提示した6案を分析すると、政府から考案を依頼された学識者が「今の時代にあった元号は何か」を考え抜いた跡がうかがえる。一方で6案の提示の仕方や、事務方による説明の内容からは、「国書を典拠とした初の元号」を目指した形跡もみえる。

 1日に開かれた有識者による「元号に関する懇談会」、衆参正副議長からの意見聴取、全閣僚会議では、冒頭に6案の説明が事務方から行われた。配布されたA3判の紙には、右から「あいうえお」順で案が並べられ「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」「令和」とあった。

 右端の「英弘」の出典は古事記、左端の「令和」は万葉集といずれも国書で、どちらから読んでも国書が目につく。中央にも国書を出典の一つとする「広至」があり、半分の出典を国書が占めたのが一目瞭然だった。

この記事は有料記事です。

残り1940文字(全文2326文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです