メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外警官刺され拳銃奪われる 大阪・吹田
検証

新元号 紙開けば両端に国書 事務方説明、にじむ「令和」推し

 新元号案として政府が1日の有識者懇談会に提示した6案を分析すると、政府から考案を依頼された学識者が「今の時代にあった元号は何か」を考え抜いた跡がうかがえる。一方で6案の提示の仕方や、事務方による説明の内容からは、「国書を典拠とした初の元号」を目指した形跡もみえる。

 1日に開かれた有識者による「元号に関する懇談会」、衆参正副議長からの意見聴取、全閣僚会議では、冒頭に6案の説明が事務方から行われた。配布されたA3判の紙には、右から「あいうえお」順で案が並べられ「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」「令和」とあった。

 右端の「英弘」の出典は古事記、左端の「令和」は万葉集といずれも国書で、どちらから読んでも国書が目に…

この記事は有料記事です。

残り1988文字(全文2326文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌女児衰弱死 猫13匹を母親宅で保護 交際相手宅でも8匹 ガリガリに痩せ数匹治療中 保護団体
  2. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  3. 札幌・死亡の2歳女児、やせ細り濃いあざ 「ママー」の泣き声も 児相「48時間ルール」守らず
  4. 猫連れ去り 盗まれた飼い主「大切な家族失った」 憤り隠せず
  5. 全国高校女子硬式野球選手権 神戸弘陵、初戦は室戸 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです