メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢出産

緊急切開リスク 40歳以上初産、約3割

 40歳以上で初めて出産する妊婦は、母子に危険が生じるのを避けるため出産時に緊急帝王切開する割合が約3割に上るとする調査結果を、大阪母子医療センターのチームがまとめた。35歳以上の妊婦約1000人を対象にした国内初の大規模調査で、30代後半でも約2割だった。チームは「高齢になるほど、緊急帝王切開を選ばざるを得ないケースが増えてくる。万全の体制でサポートする必要がある」と指摘している。(15面に「女性のカラダノート」)

 緊急帝王切開は、難産で出産に時間がかかり、母体に脳出血や肝機能障害などの合併症、胎児に発育不全や低…

この記事は有料記事です。

残り559文字(全文819文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に津波注意報
  2. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  3. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  4. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  5. 防災なるほドリ 帰れなくなったらどうしたらいいの?=回答・金森崇之

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです