メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

ムエタイ少年 アジア総局・西脇真一

 出たあ、真空飛び膝蹴り--。昭和40年代、日本を沸かせたキックボクシング。その基となった「ムエタイ」の本場に来て驚いた。子供たちが「食うため」に戦うのだ。有名な元選手に何の気なしに「息子はやっていないのか」と尋ねると「もうカネはある。必要ない」。もっと実情を知りたいと思い、バンコクのジムを訪ねた。

 チャンピチャイ・クドゥウォンキャオさん(15)の朝は早い。仲間と5時半起きでロードワークなどをこなして学校へ行き、夕方も練習。食事と住居は…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです