メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AIコンビニ

「開店」 商品購入に顔認証決済、電子値札で作業省力化 ファミマとパナ実験

正面右下のカメラで本人確認をすれば自動で商品を購入できる「顔認証決済」=横浜市都筑区のファミリーマート佐江戸店で2日午前11時21分、藤渕志保撮影

 ファミリーマートとパナソニックなどは2日、人工知能(AI)を使った顔認証による決済や、自動で価格を変更できる電子値札などの省力化技術を用いた実験店舗を横浜市にオープンし、報道陣に公開した。セブン-イレブン・ジャパンやローソンなど他のコンビニエンスストア大手でも同様の試みが始まっており、人手不足解消の切り札になるか注目される。【藤渕志保】

 ファミマの実験店舗は、パナソニックグループの施設隣接地にあり、一般客が利用できる通常の店舗スペース…

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1490文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです