メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

新しいリーダーを選ぼう=ローカルファースト研究所代表取締役・関幸子

 今年は4年に1回の統一地方選挙の年である。既に3月24日に札幌、相模原、静岡、浜松、大阪、広島の6政令市の市長選等が告示されている。続いて4月後半には、多くの区市町村の首長と議員の選挙が行われる。

 選挙結果は、福祉や教育、まちづくりに大きな影響があるのはもちろんだが、地域経済の振興や雇用とも深く関わっている。首長が代わったことで、商店街の活性化、企業誘致や創業への支援等、経済政策の方向や予算が大きく変化することも多いからだ。

 実は2000年に「地方分権一括法」が施行され、それまで従属型な関係だった、国、都道府県、市町村の3…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです