メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界・温暖化と生きる

CO2排出、今世紀後半0 再生エネ主力化・石炭火力低減 脱炭素へ、政府有識者懇提言

 地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に基づく長期戦略について検討してきた政府の有識者懇談会(座長・北岡伸一東大名誉教授)は2日、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出を今世紀後半のできるだけ早い時期に実質ゼロとする「脱炭素社会」を目指すなど、対策強化を求める提言を安倍晋三首相に提出。首相は6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議までに長期戦略を策定するよう、原田義昭環境相らに指示した。【五十嵐和大】

 経済成長につながる新技術を導入して脱炭素化を求める一方、CO2排出に価格を設け、企業などの排出削減…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです