メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界・温暖化と生きる

CO2排出、今世紀後半0 再生エネ主力化・石炭火力低減 脱炭素へ、政府有識者懇提言

 地球温暖化対策の国際的な枠組み「パリ協定」に基づく長期戦略について検討してきた政府の有識者懇談会(座長・北岡伸一東大名誉教授)は2日、二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガス排出を今世紀後半のできるだけ早い時期に実質ゼロとする「脱炭素社会」を目指すなど、対策強化を求める提言を安倍晋三首相に提出。首相は6月の主要20カ国・地域(G20)首脳会議までに長期戦略を策定するよう、原田義昭環境相らに指示した。【五十嵐和大】

 経済成長につながる新技術を導入して脱炭素化を求める一方、CO2排出に価格を設け、企業などの排出削減を促す「カーボンプライシング」の導入の可否については意見が分かれ、両論併記とした。

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文823文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです