連載

台湾2・28事件

中国大陸から台湾に渡った国民党政権が台湾住民を武力弾圧した1947年の「2・28事件」から28日で70年になる。事件は長らく台湾社会のタブーとされてきた。しかし、昨年5月、国民党から民進党に政権が交代し、蔡英文政権は真相究明に取り組むと約束している。真相を求め続ける遺族らの思いをたどる。

連載一覧

台湾2・28事件

新名簿に日本人 さらに5人被害か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 【台北・福岡静哉】台湾で1947年に国民党政権が住民を武力弾圧した「2・28事件」で、被害者の可能性がある名簿が新たに公表され、日本人とみられる5人が含まれていることが判明した。殺害されたかどうかなど具体的な被害状況は分かっていない。

 2・28事件の被害認定を担う財団法人「二二八事件記念基金会」が…

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文291文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集