メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

新元号決定後、初めて公の場に

 天皇、皇后両陛下の結婚60年と、陛下の即位30年を祝う宮内庁幹部ら主催の音楽会が2日、皇居・東御苑の音楽堂「桃華楽堂」で開かれ、両陛下が鑑賞された。皇太子、秋篠宮両ご夫妻や、両陛下の長女黒田清子さんも同席。新元号が「令和」と決まって以降、ご一家でメディアの前に姿を見せる初の機会となった=写真・代表撮影。

     両陛下と親交のある作詞家、阿木燿子さんと、夫のロック歌手、宇崎竜童さんが前半の進行役を務めた。宇崎さんが舞台上から「昨日、新元号が決定いたしました。30年間ありがとうございました」と述べると、陛下は笑顔を見せた。後半から出演した歌手の由紀さおりさんは「夜明けのスキャット」を披露。この曲は、陛下が2012年2月に東大病院で心臓の冠動脈バイパス手術を受けた後、皇后さまがリハビリのBGMとして病室で流していたといい、陛下は皇后さまに「かけてくれたね」と懐かしそうに語っていた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    3. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
    4. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    5. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです