メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

新元号決定後、初めて公の場に

 天皇、皇后両陛下の結婚60年と、陛下の即位30年を祝う宮内庁幹部ら主催の音楽会が2日、皇居・東御苑の音楽堂「桃華楽堂」で開かれ、両陛下が鑑賞された。皇太子、秋篠宮両ご夫妻や、両陛下の長女黒田清子さんも同席。新元号が「令和」と決まって以降、ご一家でメディアの前に姿を見せる初の機会となった=写真・代表撮影。

 両陛下と親交のある作詞家、阿木燿子さんと、夫のロック歌手、宇崎竜童さんが前半の進行役を務めた。宇崎さんが舞台上から「昨日、新元号が決定いたしました。30年間ありがとうございました」と述べると、陛下は笑顔を見せた。後半から出演した歌手の由紀さおりさんは「夜明けのスキャット」を披露。この曲は、陛下が2012年2月に東大病院で心臓の冠動脈バイパス手術を受けた後、皇后さまがリハビリのBGMとして病室で流…

この記事は有料記事です。

残り38文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  2. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

  3. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  4. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  5. 各国で計画進むBCGの臨床試験 感染予防へ高まる期待 「命の危険」懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです