メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

「隠れ脳梗塞」と診断=答える人・星野晴彦副院長(東京都済生会中央病院・脳神経内科)

星野晴彦副院長 東京都済生会中央病院(脳神経内科)

 Q 「隠れ脳梗塞」と診断

 隠れ脳梗塞(こうそく)と診断され、医師には「問題ありません」と言われました。しかし、夫は脳梗塞を発症した後、脳出血も起こしています。私も不安です。(岐阜県、女性、77歳)

 A 禁煙、塩分控えて血管管理

 脳梗塞は血の塊で脳の血管が詰まり、脳細胞が死ぬ状態です。隠れ脳梗塞は、磁気共鳴画像化装置(MRI)で見つかる症状のない脳梗塞を指し、医学的には「無症候性脳梗塞」と言います。検査で見つかる異常には、ごく軽度の場合には老化現象の一種でほぼ心配のいらない「大脳白質病変」もあるので、どれに該当するか確認してください。

 脳梗塞を予防する上で重要なのが、動脈硬化の最大リスクである血圧の管理です。高血圧症ならば、まず治し…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文834文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  2. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 第90回都市対抗野球 「忘れ物、取りに行く」 三菱重神戸・高砂、神戸市長に意気込み /兵庫
  5. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです