連載

きょうのセカンドオピニオン

読者からの身近な病気や健康の悩みに、専門医が答えます。

連載一覧

きょうのセカンドオピニオン

「隠れ脳梗塞」と診断=答える人・星野晴彦副院長(東京都済生会中央病院・脳神経内科)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
星野晴彦副院長 東京都済生会中央病院(脳神経内科)
星野晴彦副院長 東京都済生会中央病院(脳神経内科)

 Q 「隠れ脳梗塞」と診断

 隠れ脳梗塞(こうそく)と診断され、医師には「問題ありません」と言われました。しかし、夫は脳梗塞を発症した後、脳出血も起こしています。私も不安です。(岐阜県、女性、77歳)

 A 禁煙、塩分控えて血管管理

 脳梗塞は血の塊で脳の血管が詰まり、脳細胞が死ぬ状態です。隠れ脳梗塞は、磁気共鳴画像化装置(MRI)で見つかる症状のない脳梗塞を指し、医学的には「無症候性脳梗塞」と言います。検査で見つかる異常には、ごく軽度の場合には老化現象の一種でほぼ心配のいらない「大脳白質病変」もあるので、どれに該当するか確認してください。

 脳梗塞を予防する上で重要なのが、動脈硬化の最大リスクである血圧の管理です。高血圧症ならば、まず治しましょう。糖尿病、喫煙、脂質異常症も動脈硬化を悪化させます。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文834文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集