メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

「隠れ脳梗塞」と診断=答える人・星野晴彦副院長(東京都済生会中央病院・脳神経内科)

星野晴彦副院長 東京都済生会中央病院(脳神経内科)

 Q 「隠れ脳梗塞」と診断

 隠れ脳梗塞(こうそく)と診断され、医師には「問題ありません」と言われました。しかし、夫は脳梗塞を発症した後、脳出血も起こしています。私も不安です。(岐阜県、女性、77歳)

 A 禁煙、塩分控えて血管管理

 脳梗塞は血の塊で脳の血管が詰まり、脳細胞が死ぬ状態です。隠れ脳梗塞は、磁気共鳴画像化装置(MRI)で見つかる症状のない脳梗塞を指し、医学的には「無症候性脳梗塞」と言います。検査で見つかる異常には、ごく軽度の場合には老化現象の一種でほぼ心配のいらない「大脳白質病変」もあるので、どれに該当するか確認してください。

 脳梗塞を予防する上で重要なのが、動脈硬化の最大リスクである血圧の管理です。高血圧症ならば、まず治しましょう。糖尿病、喫煙、脂質異常症も動脈硬化を悪化させます。

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文834文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです