メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・エコ

減らない日本の食品ロス どれくらい捨てられているの? 年間646万トン、多くが焼却場に=回答・柳楽未来

 <くらしナビ・環境>

 まだ食べられる食品が大量に捨てられている「食品ロス(フードロス)」が、深刻な問題になっています。国や自治体は対策に取り組んでいますが、なかなか効果は表れていません。日本の食品ロスの現状やその背景をまとめました。

 なるほドリ 日本の食品ロスの量ってどれくらい?

 記者 2015年度は、国内で年間646万トンの食品ロスがあったと推計されています。ご飯に換算すると、国民全員が、毎日茶わん1杯分を捨てていることになります。

 この量は、国連世界食糧計画(WFP)が1年間に、途上国などへ援助している食糧の2倍に相当します。今、世界では9人に1人(約8億人)が栄養不足とされていますが、日本ではまだ食べられる食品が大量に捨てられているのです。

この記事は有料記事です。

残り1438文字(全文1766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです