メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

得点狙う姿勢を前面に=柱谷幸一

 選手、とりわけ攻撃のポジションを任されている選手は自分の特徴を前面に出して、どんどん勝負してほしい。日本代表がコロンビア、ボリビアの南米勢と戦った先月下旬のキリンチャレンジを見て、あらためて感じたことだ。

 中島(アルドハイル)、堂安(フローニンゲン)、南野(ザルツブルク)。売り出し中の若手3人のプレーの選択肢は、まずシュートである。ボールを受けると、ターンして前を向く。受ける前からその準備をしている。そして仕掛ける。堂安なら縦に行ってから中に切り返しての左足シュート。南野は狭いスペースをかいくぐって狙う。中島はドリブルで縦にも行くし、切り返しての右足シュートも得意とする。

 3人ともワントップのやや後方にポジションを取る2列目の選手。しかし、以前の背番号10のゲームメーカ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです