メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

得点狙う姿勢を前面に=柱谷幸一

 選手、とりわけ攻撃のポジションを任されている選手は自分の特徴を前面に出して、どんどん勝負してほしい。日本代表がコロンビア、ボリビアの南米勢と戦った先月下旬のキリンチャレンジを見て、あらためて感じたことだ。

 中島(アルドハイル)、堂安(フローニンゲン)、南野(ザルツブルク)。売り出し中の若手3人のプレーの選択肢は、まずシュートである。ボールを受けると、ターンして前を向く。受ける前からその準備をしている。そして仕掛ける。堂安なら縦に行ってから中に切り返しての左足シュート。南野は狭いスペースをかいくぐって狙う。中島はドリブルで縦にも行くし、切り返しての右足シュートも得意とする。

 3人ともワントップのやや後方にポジションを取る2列目の選手。しかし、以前の背番号10のゲームメーカ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 「衆院選をやるなら7月以外にない」 麻生氏、首相に衆参同日選を進言 ちらつく「4選」戦略
  4. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  5. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです