メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」決定、存在見直し 閉塞の時代、万葉に回帰

書店に特設された「万葉集」関連本のコーナー。一部の本は既に売り切れていた=東京都新宿区新宿で2019年4月2日、宮本明登撮影

 新元号「令和」の出典となった日本最古の歌集「万葉集」が早くもブームになっている。書店では関連本が売り切れ、出版社も増刷を決めた。古典になじみのない若者が増える中、近年はヒット映画の下地になるなど一部で存在が見直されつつあった。専門家は「万葉集は困難な時代にはやってきた。閉塞(へいそく)感が漂う今、多くの人に触れてほしい」と話す。

 紀伊国屋書店新宿本店(東京都新宿区)は2日、急きょ取り寄せた万葉集の文庫本をレジ前のワゴンで売り始…

この記事は有料記事です。

残り1331文字(全文1547文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  2. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  3. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです