メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新元号

「令和」 システム、テスト重ね 自治体・企業、改修追いつかぬ所も

納付期限の欄を「平成」表記のままにした東京都の自動車税納税通知書(見本)。「新元号に読み替えてください」との注意書きを添えている=東京都新宿区の都庁で2019年4月2日、竹内良和撮影

 新元号が使われるまで1カ月を切り、自治体や企業は改元に伴うシステム改修を急ぐ。「令和」を使ってもシステムが円滑に稼働するかどうかテストを重ねることになりそうだ。

 東京都主税局は約5兆5000億円に上る都税を徴収する。納税通知書など約200種類の書類を新元号に置き換えるため、昨年春から約2億8000万円かけてシステム改修を進めるが、一部で追いつかないという。

 自動車税は5月末が納付期限で、10連休明けの7日には通知書を発送しなければならない。だが、改修テス…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文877文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  2. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 「出演見合わせ」「場面カット」などテレビ各局、対応に追われる 吉本所属芸人11人ら処分受けて
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです