新元号

「令和」元年硬貨、流通は夏以降 金型製作に2~3カ月

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 独立行政法人造幣局(大阪市)は、令和元年の硬貨の製造作業に入った。金型の製作に2~3カ月かかるため、新元号の硬貨が市中に出回り始めるのは夏以降になる見込み。

 造幣局は、6種類の硬貨のうち発行枚数の多い500円と100円から順次、金型製作を始める。6種類の硬貨が出そろうのは10月ごろになる見通し。金…

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文320文字)

あわせて読みたい

注目の特集